信販会社系キャッシングの特徴を、他系統のサービスと比較して説明します。

 キャッシングには、大きく分類すると三種類の系統があります。
銀行系、信販系、消費者金融系です。
銀行系キャッシングとは、銀行が運営するサービスで、その特徴として、低金利である点や安心感がある点が挙げられます。
三井住友銀行のキャッシングサービス、アットローンや、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどが代表的な銀行系キャッシングです。
しかし、この特徴と同時に、審査が通りにくいというデメリットもあります。
低金利で便利、そして安心のサービスですが、その恩恵を受けるためには、他系統のキャッシングサービスと比べて、厳しい審査を通る必要があるのです。

 次に、消費者金融系です。
消費者金融系のキャッシングサービスで代表的なのは、アコムやモビットなどです。
消費者金融系は銀行系と比べて審査が通りやすいという特徴があります。
しかし、三種類の中で一番金利が高いというデメリットもあるため、返済に時間がかかってしまいがちになってしまいます。
月々の返済に加え、臨時返済を随時行っていけるのならば、利用する価値があると言えるでしょう。

 最後に信販会社系のキャッシングです。
信販会社系ではオリックスやセゾン、JCBなどが代表的です。
審査の通りやすさは、銀行系よりも甘く、消費者金融系よりも厳しい、といったところです。
金利も銀行系よりも高く、消費者金融系より低いです。
銀行系と消費者金融系のちょうど間に位置すると考えていただければと思います。
信販会社系のキャッシングは、信販会社から発行されるクレジットカードに付属したサービスであり、いくつもカードを作ることなく、手軽にキャッシングサービスを利用できる点がメリットと言えるでしょう。

 信販会社系キャッシングを他系統のサービスと比べると、特典が多いことや、提携しているATM台数が多いという利点もあります。
クレジットカードを一枚持っているだけで、料金後払いもでき、キャッシングサービスも利用できます。
わざわざ他会社のキャッシングを利用せずとも、クレジットカードを作るついでに、もしもの時のためにキャッシング枠も設けておく、そんな人が多いようです。
年会費が無料のものが多いという特徴も持つ信販会社系キャッシング。
便利さは他系統とは比べものにならないほど上だと言えるでしょう。
買い物をする際に、よくクレジットカードを使う人は、この信販会社系のキャッシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。